遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「いやっ!やめて」
 「いやっ!やめて」

 留美はかわいらしい顔をしかめ、泣いて頼んだ。
 しかし男はそれを見てさらに興奮し、なおも留美を攻めるのだった。

 「いやっ!いやよ、おねがい、やめて」

 留美は抵抗するが、男のほうが圧倒的に強かった。
 しかし留美はあきらめなかった。
 ここであきらめてしまえば、後は男のなすがままになってしまうのは明らかだったからだ。
 留美は抵抗し続けた。
 しかし男はまだ力を出し切っていない様子で、留美の弱々しい抵抗に顔をしかめるどころか不気味な笑みさえ浮かべていた。

 男は、じわりじわりと留美を捕えたまま攻めた。
 留美はそれを敏感に感じ、男に敵わないことがわかってもまだ抵抗を続けていた。
 男が攻めるたびに留美は荒い息を吐き、目には涙さえ浮かべ始めていた。

 「おねがい、おねがい」

 留美はなおも抵抗しようと試みるが、まったく男の手中から逃れることはできなかった。
 男も少し荒い息を吐いていた。
 うっすらとだが汗もかいてきていた。
 しかし男はまだまだその手をゆるめる様子はなかった。

 留美はもうすでに汗びっしょり、息もかなり荒くなっていた。
 もう抵抗する力もない様子で、男に攻められるままになっていた。

 二人ともいつの間にか声を押し殺すようにして、荒い息使いと男のさす音だけを和室の八畳間に大きく響かせているのだった。

 留美はもうあきらめていた。

 この男にはかなわない。

 ただ攻められ続けた。

 男は手をゆるめず留美を突いた。

 突き続けた。

 留美はもうすぐだった。

 男ももうすぐだとわかっていた。

 突いた。

 突かれた。

 ああ!

 あ~っ!

 「投了です。」

 終わった。

 「あ~あ、負けちゃった。はい、二千円。でもこの部屋は暑いわねぇ。扇風機ぐらい部費で買えないのかしらねえ、まったく。こんなに暑いのに賭け将棋なんか真剣にやってらんないわよ。」

 留美はそう言うと、正座をくずしてスカートをパタパタさせた。


<おしまい>


※この物語はフィクションです。賭け将棋は違法です。
  良い子は真似しないで下さいd(^-^)ネ!

関連記事
この記事へのコメント
1. mikusuke   URL  2008/02/11 20:52 [ 編集 ]
見に来たら、いきなりの内容に
ちょい焦りましたw
BBSにコメントありがとう^^
エロ業者に紛れて確認遅くなりました><;

これからも世界をおおいに盛り上げる
JohnSmithさんでいてくださいね^^
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ジョン・スミス・イノウエ

[ ジョン・スミス・イノウエ ]
関西在住。
何かを作ることが好きで、不思議なことが好きで、バイクが好きで、色々考えることが好きで、バス釣りが好き。(最近行ってないけどね)
※このブログはリンクフリーです。
<連絡先>
・メール:hello@jsi3d.net
twitter:JohnSmithInoue
質問箱 Peing:JohnSmithInoue
・メールフォーム:サイドメニュー最下部にあります。


☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

最新記事
カテゴリ
リンク
ClubT
全記事表示リンク
検索フォーム

ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
ART MONITOR ATH-A900Z
ペットシーツ 超厚型
テルモ シリンジ 10ml
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: