遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「魔人」06
 ハラヘッタハラヘッタ。

 すんげーハラヘッタ~。

 ハラヘッタッタァ~♪

 タリラリラァ~ン♪




 ナニー!?∑(;゚□゚)yヾ ポロッ



[原文]




 「魔人」

その影のような男はまっすぐ立って、私の方を見ながらそう声を掛けてきた。
 思いっきり関西弁で話しかけられていた。というか、話しかけてるの?!それ?!という感じだった。
 なにしろ私には関西の知り合いもなく、ましてやその男と兄弟でもなければ姉妹でもない。なのに、なぜ「ねぇーちゃん」呼ばわりされるのか全く理解できなかったからだった。
 「あー、すまんすまん。」
 そう、笑いながらその男は私に謝っていた。いや、謝っていたのだろう、たぶん。しかしやはり「はぁ?!」だった。
 「悪いなぁー、ちょっと修正させてもろてん。ごめんなぁー、びっくりさせてもぉーたな、アハハハ。」
 「はぁ?!」
 口にこそ出さなかったが、私の頭の中には「はぁ?!」という言葉しか出てこなかった。
 「う~ん、そか・・・・・アハハハ・・・・・そやな。わかった、わかった。ほな、ごめんやったな、アハハハ。」
 その男はそう言うと、一人何か納得したように(何を納得したのか私にはさっぱり理解できなかったが)私に向かって一昔前のドラマの先生のように指二本を敬礼のように額に当てると、そのまま後じさるように静かに去って・・・・・。
 「え゛っ!!」
 いや、消えていた。
 「き、消えた・・・・。」
 その男が一歩後ろにさがったと思ったら、影の中に吸い込まれるように消えていた。
 「な゛、な゛に・・・・い゛・・・い゛まの・・・・。」
 最後まで口に出して言い切る前に、背筋にゾクゾクっと寒気が走り、私は怖くなって自分のカバンを抱きかかえていた。
 それ以上、また声を出してしまうとさっきの男が影の中からフッと現れるのではないかと怖くなり、私はカバンを抱きかかえたまま小走りにその場を逃げ出していた。
 自分のマンションの前まで小走りでたどり着いていた。
 それでも怖くて、薄暗い夜道の方を絶えずキョロキョロしながらエレベーターのボタンを押し、「誰も乗ってこないでー!」と一人祈りながら、いや、心の中で叫びながらヒザをガクガク震わせながら「閉じる」と書かれたボタンを連打していた。
 エレベーターの扉が完全に閉まり、上昇しだした途端に全身の力が抜けて「はぁ~~~」と内壁にもたれ掛かるようにして、長い溜息が出ていた。
 エレベーターを降りても落ち着かず、何回も何回も後ろを振り返り、自分の家のカギを素早く開けると滑り込むように自室に入り、部屋の電気をすべて点けて回った。
 その夜は怖くて全ての部屋の電気を点けたまま寝ようとしたがなかなか眠れず、気が付いた時は目覚ましのアラームをセットした時間をとっくに過ぎていた。
 「あらやだ!!」
 昨朝と同じ事をしていた。





[原文]

つづく

関連記事

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ジョン・スミス・イノウエ

[ ジョン・スミス・イノウエ ]
関西在住。
何かを作ることが好きで、不思議なことが好きで、バイクが好きで、色々考えることが好きで、バス釣りが好き。(最近行ってないけどね)
※このブログはリンクフリーです。
<連絡先>
・メール:hello@jsi3d.net
twitter:JohnSmithInoue
質問箱 Peing:JohnSmithInoue
・メールフォーム:サイドメニュー最下部にあります。


☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

最新記事
カテゴリ
リンク
ClubT
全記事表示リンク
検索フォーム

ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
ART MONITOR ATH-A900Z
ペットシーツ 超厚型
テルモ シリンジ 10ml
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: