遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「夢」11
 そーいえば、

 小説とか写真とかイラストでもいいんですが、

 見てるとつい浮かんでくるテーマソングとかありませんか?

 音楽というか。

 私の場合は、好きだったアニメの主題歌とか、気に入ってたCMソングとか、もう忘れてたのに音楽だけがフッと出てきて

 「あ~、これなんだっけなぁ~~~~ぇ~っとぉ~~~~~~~~~~~~~」

 と、思い出せずにずっと気になって調べまくってみたり、

 調べることもできないくらいの、ほんの少しのフレーズがぐるぐる頭の中回り続けたりして、

 イライラしたりw

 たまーにそういうことがあります。

 まぁ、そういうの、やっぱり気になる人がけっこういるらしくて、

 鼻歌検索、だっけな?

 自分でマイクに向かって鼻歌を歌うとそれがどんな曲か調べてくれるという、

 そんなのを作った人がいるらしいとか。

 そこまでして調べようとは思いませんが、

 不思議ですねー。

 匂いも人間の記憶を呼び覚ます効果があるとか。

 ふしぎですねー。




 

[原文]





 「夢」

 少しでも慌てたり早足になれば彼女が飛び出してくるような気がして、努めてゆっくりと落ち着いて歩いた。
 私は駅まで歩いて行った。
 駅に着くまで何度も後ろを振り向いていた。
 彼女の視線を感じるような気がしたのだ。
 いや、彼女の視線を感じていたのかもしれなかった。
 しかし私は駅に着いてもタバコは買わなかった。
 そのかわり1枚の切符を買っていた。
 一番遠い駅の切符だった。
 今まで行ったことはなかった。
 しかしそれでよかった。
 遠くへ行きたかった。
 旅だ。
 旅がしたかった。
 何もかも捨て、ほんの少し背を曲げて歩み出していた。
 旅だった。
 あてのない旅だった。

 気が付くといつの間にか1年が過ぎていた。
 いや、2年かもしれなかった。
 しかしそんな事はどうでもよかった。
 また蒸し暑い夜が始まっていた。
 寝苦しい夜だった。
 夢を、わけのわからない夢をたくさん見たような気がしたが、まだ寝足りなかった。
 生温かく、体じゅうの穴という穴全てから、ネットリ侵入してきそうなドロドロとした粘液のような夢の中へ、私はまた沈み込んで行った。
 その一瞬、もう二度と抜け出せないような気がしたが、しかしすぐにもうそんな事はどうでもよくなっていた。
 私は「永遠」とでも言うべき夢の奥底へ、沈み始めていたのだ。
 もう目覚めることはないかもしれない。
 いや
 もしかしたら
 私にとっての
 本当の世界は
 これから
 始まるのかもしれない。


                      <おやすみ>














 <あとがき>

 「夢」が好きなので、夢の話を書いてみました。
 夢というのは不思議なもので、人によっては予知をしたり、すでに亡くなった人に会ったり、ある国へ行けば昨晩見た夢がきわめて重要で、必ずその意味を家族で話し合っていたり、私の場合ですと、夢の中だけの知り合いがいたり(目が覚めるとほとんど覚えていないんですが、夢の中で「あっそうや、この人は前に‥‥で‥‥してた人や」と思い出すことがたまにあるんです)様々な体験や、経験をさせてくれているように思えるのです。
 ただ単に、「脳が起きているからだ」という人もいるようですが、どうも私はそれでは納得いかないんです。何かもっと大きな謎が隠されているようで、すごく興味があります。
 以前はよくそういった類の本を読み漁っていたのですが、所詮それは他人の体験や考え方ですから、自分自身どうも納得いかない。そう気付いてからは、もうあまりそういった本は読まなくなりましたが「自分自身にこれから起こる夢の体験を通して、もっと夢のことを知りたいなぁ」と思っている今日この頃です。


                 [それではみなさんがんばりましょう]




[原文]

関連記事

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
https://blog.johnsmithinoue.com/tb.php/21-f388da76
プロフィール

☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

カオナシ貯金箱
ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
デジタルイラスト描き方事典
ステッドラー 色鉛筆 海の楽園
辛くならない絵の描き方
マルマン B3 スケッチブック
デジタルイラストの「身体」描き方事典
背景作画 ゼロから学ぶプロの技
驚くほどうまくなる!!マンガ背景技法
あかしや 筆ペン 水彩毛筆
建物&街角スケッチパース
「ファンタジー背景」 描き方教室
千と千尋の神隠し
のんびりお風呂小鉢
ClubT
最新記事
検索フォーム

カテゴリ
全記事表示リンク
リンク
新 メタセコイアからはじめよう!
メタセコイア4 クイック リファレンス
3DCGをはじめよう POV‐Ray入門
ART MONITOR ATH-A900Z
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: