遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「夢」04
 んー、最近はなんか夢見てもほっとんど覚えてないです。

 以前ほど夢自体に注意を払ってる余裕が無くなったのかなーと。

 まぁ、単純に夢すべてに何かしら不思議さというか、意味がある訳じゃないと思う。

 でも、あの再現力というかリアル感というか(色々度合い、レベルはありますが)は、すごいと思う。

 まぁ、人によっては色がないとか、音がない、とか言う人もいますが、逆にめっさリアルで、味や匂い、感触、リアル(現実)以上にリアルな夢を見る人もいるらしいです。

 未来予知的なのとか、透視的なのとかね。

 いいなー。

 そんな夢見てみたい。




[原文]




 「夢」


 「おお~っ!」
 きれいな女の子がたくさんプールで遊んでいた。
 私は我慢し切れず、服のままプールへと入っていた。しかしそれだけで満足できるわけもなく、そばにいたビキニ姿の女の子に抱きついてしまっていた。
 私は「理性」をどこかへ置き忘れてきたようだった。
 その女の子の胸は大きく、お尻も大きかった。顔もなかなか可愛らしく、笑顔の中にも知的さがあふれていた。
 私の好みだった。
 私はその女の子の胸をいきなり後ろから抱きついて鷲掴みにし、自分の腰をその大きくて柔らかそうなお尻にこすり付けていた。しかしその女の子は私を全く無視し、ビーチボールで他の女の子と遊び続けていた。
 私はさらにその女の子に抱きついたままビキニの中に手を突っ込み、どうにかして感じさせてやろうと女の子の胸やアソコまでもまさぐり続けた。しかしはっきりとした手応えが無く、女の子を触っているという感じはなかった。
 私はさらにエスカレートして、無理矢理その女の子の水着を脱がせて自分の堅くそそり立った物を挿入していた。しかし女の子は何の抵抗もしなかったし、入ったという感じも全く無かった。
 気持ち良くも何ともなかった。
 引き抜いて自分で自分の物に触れてみても何も感じなかった。
 私は納得できなかったが、仕方なくその女の子から離れた。
 気が付くとまた布団の中だった。
 要するにまた夢だった。

 その頃から私は、やけにはっきりと夢を見るようになっていた。そしてその事を楽しみ始めたのだ。
 次に見たのは私の子供の夢だった。
 子供2人と風呂に入っている夢だった。



[原文]



つづく

関連記事

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
https://blog.johnsmithinoue.com/tb.php/14-d09ab49a
プロフィール

ジョン・スミス・イノウエ

[ ジョン・スミス・イノウエ ]
関西在住。
何かを作ることが好きで、不思議なことが好きで、バイクが好きで、色々考えることが好きで、バス釣りが好き。(最近行ってないけどね)
※このブログはリンクフリーです。
<連絡先>
・メール:hello@jsi3d.net
twitter:JohnSmithInoue
質問箱 Peing:JohnSmithInoue
・メールフォーム:サイドメニュー最下部にあります。


☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

最新記事
カテゴリ
リンク
ClubT
全記事表示リンク
検索フォーム

ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
ART MONITOR ATH-A900Z
ペットシーツ 超厚型
テルモ シリンジ 10ml
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: