遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「魔人」09

 アルミ製の洗濯ばさみをテーブルの上にジャラジャラ置くと、男は意識を失っている女の手足の赤い縄を見つめて、スッと差し上げた右手の指をパチンと鳴らしていた。
 その瞬間、シュルシュルと女の手足をキツく縛っていた赤い縄が動きだしていた。
 まるで生きているように、2匹の赤い蛇のごとく這い出てきていた。
 女の体の上をその赤い2匹の蛇は這い降りて、シュルシュルと男の足元まで這ってくると、まるで飼い慣らされている犬のように紐の先端を上に向け、男の目の前にピョンっとまっすぐに飛び上がっていた。
 男は指を鳴らしたその右手を広げると、その赤い蛇たちをそっと優しく撫でるように下へサッと振り下ろした。

 ジュッ

 そんな音が聞こえたかと思う瞬間に、その2匹の赤い縄はその男の手の平に吸い込まれるようにその場から消失していた。
 続けて、リズミカルに更に男は左手の指をパチンと鳴らしていた。

 ジャラジャラジャラ

 その瞬間、テーブルの上に置かれていたアルミ製の洗濯ばさみが音を立てて、男の差し出した手の平の上へ集まってきていた。
 しかしその洗濯ばさみ達は少し男の手の平よりも宙に浮いているようだった。
 ひとつを除いて、男が用意していたアルミ製の洗濯ばさみは男の手の平の上2センチほどの空間に集合していた。

 「オマエもだよ。」

 あの時の怒号がまるでウソのように優しい声で、男は、女の乳首にまだ噛みついている一個の洗濯ばさみの方を向いて、そうささやいていた。
 その声が聞こえたのか、そのアルミの洗濯ばさみは名残惜しそうにゆっくりと挟んでいた乳首を開いていた。
 そのギザギザの歯の間に真っ赤な血を滴らせ、赤い糸を引いていた。
 男がその洗濯ばさみを促すように左手を少し下にさげた。

 ギギ

 鳴いたようにも聞こえる音を発して、その洗濯ばさみは口を閉じ、男の手の平に集まっている洗濯ばさみの中へ一気に飛び込んで来ていた。

 ガシャガシャガシャ

 全ての洗濯ばさみが揃った。
 男はその左手を素早く軽く上に跳ねた。
 アルミの洗濯ばさみ達は宙に舞い、その瞬間に男は広げて手の平を上にしていた左手を握りしめて拳を作り、その拳を裏返した。
 少し腕を伸ばすように拳を前に突き出すと、男の手首に巻き付くようにそのアルミの洗濯ばさみ達は舞い、吸い付いた。
 が、それは銀色の光を放ち、なんのことはない、ごくごく普通の腕時計に変形していた。
 ある一点を除いて。
 留め金の一部には鈍い赤色の模様が入っていた。

 パンパンパン

 両手で、拍手をするように男は3回、間をあけて叩いていた。

 ザァァァァ

 部屋中のテーブルから、カーテン、ベッド、ソファなどが一斉に動き出していた。
 まるで突然部屋の中に竜巻が発生したように。
 しかし男の髪も服も動いてはいない。
 まるで別の次元に存在しているかのように男の様子だけは何の変化も起こってはいなかった。
 動き出した家具類は、床に気を失って倒れたままの女も巻き込んでいた。

 ツツツツゥゥー

 木の床の上を直接、人間の皮膚が強く滑る音がしていた。

 ゴォォォォォォー

 ますます回転速度は増し、ついには壁や床、天井までも回り出していた。
 普通の竜巻では起こりえない状態が発生していた。
 その部屋にあった全ての物が中心に向かって集まりだしていた。
 床や天井さえも。
 何一つ壊れてはいない。
 そのままの状態でギュゥゥーっと絞られるように回転して中心に集まってきていた。
 しかし、そんな中で唯一、その男だけは平然とその場に立っていた。
 床も、壁も、天井さえもなくなっているというのに。
 すると男は懐に右手を入れたかと思うと、黒いケースを取り出し、パカッっと開いていた。
 片手でその中からゆっくりと取り出すと、顔に当て、パチッとケースを閉じると懐にしまい直していた。

 ニヤリ

 クチの端だけをゆがめて見せると、その場から背を向けて歩き去っていた。
 相変わらず目は笑っていなかった。

関連記事
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

カオナシ貯金箱
ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
デジタルイラスト描き方事典
ステッドラー 色鉛筆 海の楽園
辛くならない絵の描き方
マルマン B3 スケッチブック
デジタルイラストの「身体」描き方事典
背景作画 ゼロから学ぶプロの技
驚くほどうまくなる!!マンガ背景技法
あかしや 筆ペン 水彩毛筆
建物&街角スケッチパース
「ファンタジー背景」 描き方教室
千と千尋の神隠し
のんびりお風呂小鉢
ClubT
最新記事
検索フォーム

カテゴリ
全記事表示リンク
リンク
新 メタセコイアからはじめよう!
メタセコイア4 クイック リファレンス
3DCGをはじめよう POV‐Ray入門
ART MONITOR ATH-A900Z
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: