遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
transmit POV-RAY
transmit002.png

画像クリックすると、別窓で大きな画像が見られます。

【説明】

cylinder { 0,y*10,5 pigment { color Orange transmit 0.6 } }
cylinder { 0,y*10,5 pigment { color rgbt < 10, 0, 0, 0.6 > } }
  • オレンジの円柱には { カラー transmit 0.6 } で透過率を指定している。
  • レッドの円柱には { RGBT } で、RGBにT(transmit)を加えた数字を羅列して指定している。
  • RGBTに通常使用する数値は、0~1で、1.0が100%を示す。が、それ以上・以下の数値も使用できる。
    (今回のレンダリングでは、Rに10を入れているが、これはこれで派手な色になってる。Rに1を指定していたらこういう色になる。)
  • RGBとはRed、Green、Blue、のことで、光の三原色のことである。
#include "colors.inc"

camera { location < 30, 30, 0 > look_at < 0, 0, 0 > }

light_source { < 100, 100, 0> color rgb 1.0 }

plane { y,0 pigment { checker Black,White scale 10 } finish { ambient 0.01 diffuse 1.0 specular 1.0 reflection 0.4 } }

cylinder { 0,y*10,5 pigment { color Orange transmit 0.6 } finish { ambient 0.01 diffuse 1.0 specular 1.0 reflection 0.1 } interior { ior 1.4 caustics 0.7 } translate < 0, 3, -10 > }

cylinder { 0,y*10,5 pigment { color rgbt < 10, 0, 0, 0.6 > } finish { ambient 0.01 diffuse 1.0 specular 1.0 reflection 0.1 } interior { ior 1.4 caustics 0.7 } translate < 0, 3, 10 > }

上記構文をPOV-RAYへコピペしてレンダリングするだけで、まったく同じ画像が出てきます。



【見た目が良いとは言えないようなツブツブ】


transmit003.png

画像クリックすると、別窓で大きな画像が見られます。


 床に接した状態で作成すると、透明にした時、見た目が良いとは言えないようなツブツブが接地面内部に出ます。

 ある意味リアルで正しいような気もしますが、見た目スッキリきれいにしたい時は、ホンの少し浮かせるだけで出なくなるようです。


【interior】


transmit001.png

画像クリックすると、別窓で大きな画像が見られます。

interior { ior 1.4 caustics 0.7 }
 これについてはまた後で詳しく解説したいと思いますが、このinteriorがないと、ただ透けているだけで、ガラスっぽく見えません。

 「光の屈折」や、「透過光の集光」が無いためです。

  • iorが屈折率です。
    屈折無しが(デフォルト)1.0で、水が1.33、ガラスが1.5、ダイヤモンドが2.4などです。もっと詳しく知りたい方は、「屈折率」で検索すると数値など色々出てきます。
  • causticsが集光率です。
    ただしこれは擬似的に表しているもので、正確な集光はフォトンマッピングを使用します。使用数値は0~100。マイナス値を入れると変なことになります。


【変なことになるcausticsマイナス数値】

 変なことになるので、これはご自分で確認してみて下さい。
#include "colors.inc"

camera { location < 30, 30, 0 > look_at < 0, 0, 0 > }

light_source { < -100, 100, 0> color rgb 1.0 }

plane { y,0 pigment { checker Black,White scale 10 } finish { ambient 0.01 diffuse 1.0 specular 1.0 reflection 0.4 } }

sphere { 0,6 pigment { color Orange transmit 0.8 } finish { ambient 0.01 diffuse 1.0 specular 1.0 reflection 0.1 } interior { ior 1.4 caustics -1 } translate < 0, 11, 0 > }

上記構文をPOV-RAYへコピペしてレンダリングするだけで、画像が出てきます。


 確認後にcausticsのマイナスを消して再びレンダリングすると、普通にきれいな画像が確認できます。

関連記事

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

カオナシ貯金箱
ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
デジタルイラスト描き方事典
ステッドラー 色鉛筆 海の楽園
辛くならない絵の描き方
マルマン B3 スケッチブック
デジタルイラストの「身体」描き方事典
背景作画 ゼロから学ぶプロの技
驚くほどうまくなる!!マンガ背景技法
あかしや 筆ペン 水彩毛筆
建物&街角スケッチパース
「ファンタジー背景」 描き方教室
千と千尋の神隠し
のんびりお風呂小鉢
ClubT
最新記事
検索フォーム

カテゴリ
全記事表示リンク
リンク
新 メタセコイアからはじめよう!
メタセコイア4 クイック リファレンス
3DCGをはじめよう POV‐Ray入門
ART MONITOR ATH-A900Z
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: