遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「夢」08
 ふむふむ。

 この頃からやっと書き慣れてきたのかなー?

 と自分で読んで思いましたよ(´・∀・)ノ アイ。

 またそのうちなんか書いてみようかなぁ~~。



 なんて少し思ったとか思わなかったとか・・・・。



 まぁ、とりあえずは過去に書いた物全てをさらしてからですかねぇー。




[原文]




 「夢」


 「あ、おはよう!」
 いつも通り、友達のゆみこと学校へ行くために電車に乗っていた。
 ゆみこは3駅向こうから乗ってくる。
 私はいつもホームの同じ場所から同じ時間に電車に乗る。するといつもゆみこが私の乗り込むドアのすぐ近くに乗って待っている。
 私たちは学校の中でもかなり遠くから通っている方で、ゆみこが1番遠く、私が2番目だった。
 ゆみこは皆勤賞を毎学期取るのが当り前というぐらい遅刻をしなかったが、私は時々遅刻した。
 私たちの通っている高校は私立の女子高で、全生徒数は400名に満たない小さな学校だ。それでも一応進学コースと専門コース、そして基礎コースがあった。それらはすべて単位制だったが、出席することも重要だった。それに午前中は必修課程になっていて、国語、体育、保健、料理、裁縫、礼儀作法、生活、ホームルームなどがあった。だからとにかく朝は普通の高校と同じ時間に始まるので、遠くから通学している者は朝はどうしても早く起きなければならなかった。
 私は基礎コースを取っていたが、ゆみこは技術・工学コースを取っていた。
 そんなある日、私がいつも通りホームで電車を待っているとアナウンスが入った。
 「お客様へお知らせします。3番ホーム、6時26分発予定の電車が事故のため遅れております。繰り返しお客様へお知らせします‥‥。」
 初めてだった。
 台風が来ているわけでもなく、洪水や大雪などというわけでもなく、晴れたいい天気の時にこの電車が遅れた事は今まで一度もなかった。
 結局乗ったのは一本遅れ、つまり次の電車だった。
 ものすごく混雑していた。
 ゆみこには会えなかった。
 学校へはぎりぎり遅刻して着いたが、教室へ行って見ると先生がまだ来ていなかったのでラッキーだった。
 席について教室を見回すとゆみこの席にはカバンがなく、ゆみこも見当たらなかった。 しかしすぐにゆみこは教室に駆け込んできた。
 「あ、ゆみこもさっきの電車に乗ってたの?」
 ゆみこもどうやら私と同じ電車に乗って来たらしかった。そうでないと次の電車ではもっと遅くなるはずだった。
 しかし走って来たのか、ゆみこはまだ肩で息をしていた。
 「ええ、そうよ。でもまいったわ、ホームから誰かに突き落とされちゃって危うく電車に轢かれる所だったんだからぁ。でも運良く電車がなかなか発車しなくて、私反対側のホームから上がって、慌てて階段駆け上がってその電車に飛び乗ったんだけど、何かあったらしくって、結局次の電車に乗って来たのよ。おかげで膝すりむいちゃった。ほら。」
 ゆみこはそう言って笑いながら、膝の擦り傷を見せてくれた。
 すでに血は乾いていた。
 ゆみこは気付いていないようだったが、鼻の先にもほんの少し擦り傷があった。
 しかしその事をゆみこに言おうとする前に先生が教室のドアを開けて入って来ていた。
 私はゆみことは席が離れていたので、自分の席へ慌てて戻った。




[原文]



つづく

関連記事

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://blog.johnsmithinoue.com/tb.php/18-520a719d
プロフィール

☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

カオナシ貯金箱
ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
デジタルイラスト描き方事典
ステッドラー 色鉛筆 海の楽園
辛くならない絵の描き方
マルマン B3 スケッチブック
デジタルイラストの「身体」描き方事典
背景作画 ゼロから学ぶプロの技
驚くほどうまくなる!!マンガ背景技法
あかしや 筆ペン 水彩毛筆
建物&街角スケッチパース
「ファンタジー背景」 描き方教室
千と千尋の神隠し
のんびりお風呂小鉢
ClubT
最新記事
検索フォーム

カテゴリ
全記事表示リンク
リンク
新 メタセコイアからはじめよう!
メタセコイア4 クイック リファレンス
3DCGをはじめよう POV‐Ray入門
ART MONITOR ATH-A900Z
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: