遙かな過去から現在に至るまでのワタクシメの恥ずかしいかもしれない産物を(ある程度)赤裸々に公開してしまおう!と。
「いやっ!やめて」
 「いやっ!やめて」

 留美はかわいらしい顔をしかめ、泣いて頼んだ。
 しかし男はそれを見てさらに興奮し、なおも留美を攻めるのだった。

 「いやっ!いやよ、おねがい、やめて」

 留美は抵抗するが、男のほうが圧倒的に強かった。
 しかし留美はあきらめなかった。
 ここであきらめてしまえば、後は男のなすがままになってしまうのは明らかだったからだ。
 留美は抵抗し続けた。
 しかし男はまだ力を出し切っていない様子で、留美の弱々しい抵抗に顔をしかめるどころか不気味な笑みさえ浮かべていた。

 男は、じわりじわりと留美を捕えたまま攻めた。
 留美はそれを敏感に感じ、男に敵わないことがわかってもまだ抵抗を続けていた。
 男が攻めるたびに留美は荒い息を吐き、目には涙さえ浮かべ始めていた。

 「おねがい、おねがい」

 留美はなおも抵抗しようと試みるが、まったく男の手中から逃れることはできなかった。
 男も少し荒い息を吐いていた。
 うっすらとだが汗もかいてきていた。
 しかし男はまだまだその手をゆるめる様子はなかった。

 留美はもうすでに汗びっしょり、息もかなり荒くなっていた。
 もう抵抗する力もない様子で、男に攻められるままになっていた。

 二人ともいつの間にか声を押し殺すようにして、荒い息使いと男のさす音だけを和室の八畳間に大きく響かせているのだった。

 留美はもうあきらめていた。

 この男にはかなわない。

 ただ攻められ続けた。

 男は手をゆるめず留美を突いた。

 突き続けた。

 留美はもうすぐだった。

 男ももうすぐだとわかっていた。

 突いた。

 突かれた。

 ああ!

 あ~っ!

 「投了です。」

 終わった。

 「あ~あ、負けちゃった。はい、二千円。でもこの部屋は暑いわねぇ。扇風機ぐらい部費で買えないのかしらねえ、まったく。こんなに暑いのに賭け将棋なんか真剣にやってらんないわよ。」

 留美はそう言うと、正座をくずしてスカートをパタパタさせた。


<おしまい>


※この物語はフィクションです。賭け将棋は違法です。
  良い子は真似しないで下さいd(^-^)ネ!

「マクロとミクロ」
 まず人から始めよう。
 すぐに理解できるだろうから。

 人の体には大腸菌がいる。
 大腸菌は消化を助ける。
 私たちはしかし大腸菌を気にかけない。
 気にしたとしても、大腸菌1っが死のうが生まれようがそこまで普段気にしない。
 そして、人の体には血液が流れている。
 血液の成分は、もちろん多くのもので構成されているが、私たちはそれらの1っや2っが死のうが生まれようがあまり気にしない。
 人の体には毛が生えている。
 頭髪だけではなく、体毛すべてのことだ。
 それらの一本が抜け落ちたとしても、ほとんどの人は気にしないだろう。
 爪が伸びる。
 ほとんどの人は、切るなり削るなりするだろう。
 それが当然と考えるだろう。
 細胞が死んでゆく。
 人間にとっては当り前のことだ。
 悲しいとも思わない。
 垢となり体表面に浮き上がってくる。
 さっさと捨ててきれいにしたいと思うだろう。
 体全体を構成する細胞の何分の一かは、確実に新しいものに入れ替わっている。
 古くなったものは落とされ、新しいものが用を足す。
 それが当然であるのだろう。
 ならば地球はどうだろう。
 新しい生物が生まれ、次々と増え、そして死に、また生まれ、増える。
 種類により形が違ったり大きさが違ったりするが、地球にとっては人間にとっての血液や大腸菌であろう。
 人間の体温は上下する。
 地球の温度も上下する。
 人間の病原菌に対する抗体は種類が変わり、死にはする、がまた増える。
 地球の生物たちも種類が変わり、死にはする、がまた増える。
 そして人間も、いつしか何らかの形で死を迎える。
 平均より早い人もいるし遅い人もいる。
 地球もいつかは滅びる。
 同じことだ。

 何を気に病むことがあろう。
 大腸菌は人を死から救うことはできない。
 人が死ぬ時、大腸菌がいくら努力しても人を助けることはできない。
 地球はどうか。
 しかし我々は大腸菌ではない。
 我々は地球を助けられるだろうか。
 地球を助けなければいけないのだろうか。

 人は何のために存在するのだろうか。
 私は何のために個として存在するのだろうか。
 すべてであってもいいと思うのだが。
 全てがただ単に全てであってもいいと思うのだが。
 なぜ個が存在し、私はなぜ個としてここにいるのだろう。
 個がいれば、それに対する他が存在してしまう。
 個が一つしかなければそれは全てであるが、個が個として存在していればそれはもう他があるということだ。
 それは個の数だけ視点があり、個はそれぞれ違う場所から他を見るということになる。
 その状態が我々であり、世界であると思う。
 なぜそうなったのか。
 なぜ全てが全てとして単純にとどまっておかなかったのか。

 遊びのつもりだろうか。
 ちょっとやってみたくなったのか。

 また静かになるだろうか。

 私はその方がいい。


「人間には刺激が必要だ!」
 ふだん考えたりしないですよね。

 こんなこと。

 つか、まーふつーの人は日常の毎日毎日が忙しいというか、その日その日をがんばって暮らしてるからいちいちそんな細かいことカマってらんねー!ってのが本来なんでしょうけど。

 私はイチイチ考えるのが好きなんでしょうね。

 ええ好きなんです!!

 もー、そんなモン考えんでええから、さっさとヤッてまえやー!みたいなことけっこう多いかも。
    (そんなこと考えなくていいから、さっさとしてしまえ!片付けてしまえ!行動に移せ、と)

 趣味ですね、しゅみ。

 つか、クセ?

 いぁ、性格かも?

 実は考えるふりしてさぼってる?

 時々自分でもそう思うことがあります。

 まー、でもー、基本的に考えることが好きなんでしょうね、と思います。

 人って何だろ?

 この現在の地球という、温かい生きている玉の固まり、の表面上で生きている生物の中の1種類である人間。

 生物的種別という区分けだけでなく、「思考し」それを「共同作業による高い生産性」でもって様々な物を作り出し、住環境まで大規模に変えてしまえる能力を持つ。

 人間って?

 じゃー、その他の動物の心って?

 人の心と、動物の心のちがいは?



 今でも自分なりに、知りたいし、理解したいと思ってます。



この記事の続きを読む »
「最近の私は」
 えー、これは小説でも何でもありません。

 まーただの日記みたいな物?

 この頃はこんなんだったよー、と。

 過去の私のある時期のある側面を見るにはいいかもしれません。

 まー、自分的にも、日記とか書かない人なんで

 「あぁ、これをしてたのはこの時期だったのかぁ~」

 と再確認するにはいい記録かも。

 つか、あんまし具体的に自分がやってたこと書いたりしないので、きっとよほど楽しかったのかもしれません。あるいは自分的には未知の世界に入ってみて

 「この世界はこんなだよー!」

 と他の誰かに伝えたかったのかも。

 うん、確かに未知の世界に踏み込んで、しんどかった面もあったけど、楽しかった!とか、なんかうれしかった!みたいなそういう感情がたくさんあった頃だったと思います。

 この仕事、一回ここやめたのに、また数年経ってから別の会社で同じ仕事してたもんなー。

 しんどい面もあったけど、楽しかったよ、この仕事。



この記事の続きを読む »
「天からの言葉?」
 えー・・・言い訳はいらないね、はいはい。

 まー、わからなくはない。

 つか、そうだと思う。

 けど、乂 ̄д ̄)ムリ!!

 オイラにはできないなーこれ。

 いや、ある意味真理だと思うけどね。

 つか、自分で書いといて無理て、どういうこと?!

 いぁいぁ、そーいうもんすよ。

 書くのは書けるし、ある意味真理だともわかってる。

 わかっちゃぁーいるけど・・・・・ね?

 (*`Д´)ゞ 以上!!

この記事の続きを読む »
「某大学生物学室での会話」
 あー今読んでみると、アレコレとは形が違うんじゃないのか?

 と思いました。

 形だけじゃなく、その、見た目もね・・・。

 まーフィクションなんで、そこんとこあんま深く突っ込まないで下さい(苦笑)

 いぁ、フィクションだからじゃなく、なんつーのか、雰囲気だけ味わって下さい(無責任

 まぁ、これはアイディアだけでパッと書いちゃった若かりし頃の産物ってやつです。

 って、いっつも言い訳したくなりますね、これ。

 こういう楽しげな雰囲気を書きたかったんですよ!

 まだ言ってるし・・・。


この記事の続きを読む »
「ある日、ある時、ある場所で」
 んー

 これは、たぶん思いつきで書いたんだと思います。

 副題を付けるなら、「同時進行する世界」って感じ?

 まーリアルワールドもそーですからね。
 人生で最高の幸福を味わってる!って思う人がいる一方で、人生最悪のどん底に落ちてるって気持ちの人もいるわけで。

 それをなんか表現したかったんじゃないかなーと、よく覚えてないけどそう思います。

  ※プロローグにも書いてありますが、これらを書いたのはかなーり昔です。

 もっと複数の世界を重ねようかとも思ってたと思うんですが、3つぐらいが一番よさげだったんだと思います、たぶん。

 もっと内容をふくらませられそうな感じでもありますね。

 
この記事の続きを読む »
プロフィール

☆★ お知らせ(2017年10月)★☆

  • データ倉庫をレンタルサーバに移行し、配布データを直接ダウンロードできるようにしました。(2017年10月)
  • 外部サイトリンクをチェックし、表示できなくなっているサイトリンクを削除しました。
  • Amazonの広告を新しい物に入れ替えました。
  • プロフィールに連絡先を追加しました。
  • なぜ名前の前に付けるようになったのかわからない@をすべて除去しました。

カオナシ貯金箱
ワコム Windows10搭載
液晶ペンタブレット
デジタルイラスト描き方事典
ステッドラー 色鉛筆 海の楽園
辛くならない絵の描き方
マルマン B3 スケッチブック
デジタルイラストの「身体」描き方事典
背景作画 ゼロから学ぶプロの技
驚くほどうまくなる!!マンガ背景技法
あかしや 筆ペン 水彩毛筆
建物&街角スケッチパース
「ファンタジー背景」 描き方教室
千と千尋の神隠し
のんびりお風呂小鉢
ClubT
最新記事
検索フォーム

カテゴリ
全記事表示リンク
リンク
新 メタセコイアからはじめよう!
メタセコイア4 クイック リファレンス
3DCGをはじめよう POV‐Ray入門
ART MONITOR ATH-A900Z
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: